プロフィール

オレンジアップル

Author:オレンジアップル
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

マクロミルへ登録 サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家にも愛犬がいます。三歳のメスのチワワ。

 家の中で、飼ってるので、ついつい、人間の食べ物を与えてしまうので

『この仔にはいけないことなんだけれど・・・』と与えてしまっては、反省してる我が家の人間達です。

 健康で長生きして欲しいと思ったら、おねだりされても心を鬼にするべきでしょうけれど、

かわいい顔で欲しがられると・・・・反省です。

 さて、たまたま見かけたこのブッチという会社。


1964年 ニュージーランドで創業されたペットフードのブッチ会社、

 毎週10万個以上の

ペットフードを製造して犬猫の健康に貢献。

また、国際的な動物愛護NPOであるSPCAに協賛し、継続的に

ペットフードを提供しているという、愛犬家には涙がこぼれてくる情報です。それに、

ブッチのペットフードは、ニュージーランド政府の正式な認可を受けている輸出仕様品質、ニュージーランドの自然に

育まれた、新鮮な食肉で作られているので、安心ですよね。

自然のおいしさを損なわないように

ブッチ社独自のノウハウで加熱処理されているようなので、味にうるさい仔にも良いのではないでしょうか?。


そんな優しい会社のブッチミートフード

どれどれ、我が家の仔にも与えてみたくなりました。いつもは国産品にこだわってるけれど、

ニュージーランド産だけれど、ホームセンターで見かけたら、一つ買ってやりたくなりました。

私もブッチの商品に興味がわいてきました!

スポンサーサイト
これは「プレスブログからの情報です」

最近、NTTコミニュケーションのこのワンにゃんバーのCMをよくみかけます。

を飼っている家庭で、

一番心配なのはかわいい愛する家族のペットが迷子になるということ。

我が家でもメス猫がいるので、彼女が脱走するたびに、帰ってくるまで、にはねられてはいないか、

野良猫に追っかけられて、家が分からなくなったりしないか、また、誰かに連れ去られたりしないだろうかと、

いつも心配している。一応、予防に、名札を付け、電話番号も書いたりしてるが、いつも帰ってくるまで

心配して玄関をホンの15センチほど開けている私である。

 しかし、このような企業がそういうことに目を向けてくださったことは、うれしいこと。

しかも050-で始まる番号なので、プライバシーも守られてる感じでよい。

 できれば、このプレートに¥10玉を1、2枚、収納できれば、見つけてくださった方の電話代として使って

下さるような配慮もできるから、そういったポケットもあると良いですね。

 欲を言えば、ボタンが付いてて、

飼い主の家を声で教えてくれる機能が付いてるとか。

 大切なペット、一人で外出させないように、心がけることは最低限のモラル、かわいい家族への愛ですから。

私も愛する物言えぬ大事な家族のペット、はもちろん、にもつけてあげたいですね。

わたしもワンにゃんバー注目してます

ワンにゃん

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。